『二哈和他的白猫师尊』の日本語小説は?翻訳サイトや繁体字版・漫画版も!

中華BL

今回は、日本でも徐々に人気が高まっている『二哈和他的白猫师尊(はすきーとかれのしろねこしそん)』の原作小説や漫画版について解説していきます!


『天官賜福』や『魔道祖師』、『鎮魂』みたいに2〜4文字が多い中、これだけ長いってことは日本の異世界アニメのタイトルを意識してるのかも(笑)


本作は中国本土で、原作小説以外にもラジオドラマが放送されたり実写ドラマの撮影も行っているということで、日本上陸するのも近い感じがします。


アニメ『天官賜福』の1期の放送も終わったことですし、新しい中国作品を探している方もいると思います。なのでこの作品に触れてみると世界がひろがるでしょう!

『二哈和他的白猫师尊』の日本語小説の販売は?

2021年10月現在、『二哈和他的白猫师尊』の日本語小説は販売されていません。


また日本語版の発売に関する情報もありません…。ただ本作は『Amazon』『楽天』にて、中国語版が販売されていました!


すでに購入している方もたくさんいますね。

さらに『ステラワース』ではタイ版が発売されています。


本作は、ラジオドラマが放送されていたり実写ドラマ『皓衣行(ハオイーシン)』の撮影もあっているそうです。


ヒットした際には「天官賜福」や「魔道祖師」のように日本に上陸するかもしれませんね!魔道祖師の日本語版は『ダリヤシリーズユニ』から発売されたので、そこがまた販売するかもです。


情報が公開され次第、追記しておきますね。

『二哈和他的白猫师尊』の日本語翻訳はある?

日本語小説はありませんでしたが、ファンの方は翻訳されていました!


それが「中華BLの日本語翻訳」です。


非公式ではありますが、趣味でここまで詳しく書いてくれるなんてありがたみが深い…。1ファンとして頭が上がりませんm(_ _)m

『二哈和他的白猫师尊』の繁体字版の発売は?

『二哈和他的白猫师尊』の繁体字版小説も発売予定のようですが、その情報はまだ解禁されていませんでした。


中国語には「簡体字」と「繁体字」の2種類が存在し、国や地域によって使われる字体が異なります。

使用地域特徴
繁体字台湾、香港、マカオ従来使用されてきた文字
簡体字中国本土、シンガポール、マレーシア繁体字を簡略化した文字

『魔道祖師』の小説に中国版と台湾版がありますが、この場合「中国版=簡体字」「繁体字版=台湾版」ということになるようです。


こちらの情報も分かり次第追記しておきます!

『二哈和他的白猫师尊』の漫画版は?

『二哈和他的白猫师尊』の漫画版はあります!(中国語ですが…)


中国最大のマンガプラットフォーム『快看(Kuaikan)』にて、漫画版が見れます。もちろん違法ではないのでご安心を^^


2021年10月現在、6話中4話まで無料で読めます。それ以降は登録が必要です。だいたい15日に1話ペースで公開している感じですね。絵も綺麗なのでイラストだけでも楽しむことができます!

終わりに

今回は、『二哈和他的白猫师尊』の小説について調べてみました。


中国本土では人気作品なのですが、ここ日本ではまだ知名度が低いのが現状ですね…。今後ドラマが放送されてアニメ化までしたら日本で爆発的に流行るかもしれませんね。期待して待ちましょう!


↓こちらの記事であらすじやネタバレを紹介してますのでぜひチェック!

以上、まっちでした!

タイトルとURLをコピーしました