『天官賜福』鬼花婿の正体やネタバレは?過去や鬼になった理由も!

四大害・鬼

アニメ『天官賜福』の最初の敵である鬼花婿。その正体や過去が判明しましたので紹介していきますね!


この章は、花嫁が花婿に会いに行く道中で、これまでに17人の花婿が行方不明になっている事件を解決するストーリーです。


※ネタバレ注意です!

鬼花婿の正体は?


鬼花婿の正体は「宣姫(シュエン・ジー)」です。

赤い花嫁衣裳を着た女性の鬼。
元は雨師国の女将軍だったが、戦いで敗北して捕虜となる。自決を試みるも、敵方の将軍・裴茗に阻止されて失敗に終わる。
戦況に影響がないと判断されて釈放されたが、裴茗を忘れられず、気を引くために色々なこと試みる。
裴茗との結婚を望んだが叶わず、恨みを抱いて自害、鬼となる。戚容の部下となったことで鬼の等級が凶になった。

引用:WIKIWIKI.jp

とても美しい将軍ですね!鬼になって醜くなったのが本当に勿体ないです…。


そして宣姫は、敵将であった裴茗(ペイ・ミン)こと、裴将軍に捉えられて恋に落ちます。 


↓裴茗の情報です。

元は須黎国の将軍。外見は26歳前後で、決断力があり、女性好みの美男子。
多情な性格は飛昇後も変わらず、女官から女鬼まで美しい女性であれば相手を選ばず、数々の伝説を残している。…

引用:WIKIWIKI.jp

↓裴茗の詳しい情報はこちらの記事で紹介しています。

宣姫は、知らず知らずの内に女たらしにハマってしまいました…。女鬼まで相手にしていたって敵味方関係ないんですね(笑)

鬼花婿の過去や鬼になった理由は?

宣姫(シュエン・ジー)が、鬼花婿になってしまった理由を調べてみました!

裴将軍が彼女と別れた後、宣姫将軍は引き止めるために自ら軍の情報を提供しました。裴将軍はそんなことで勝ちたくなかったし、受け取りたくもなかった」

 ……これは本当に予想もしていなかった。いわゆる「あなたのために国を裏切った」が、実際にはこうだったとは。謝憐は言った。「では、彼女は足が折れたのも裴将軍のせいだと言っていますが、これは……?」

 「彼女は足を自分で折ったんです」

……自分で折った?

 小裴将軍は淡々と、「裴将軍は強い女を好まず、宣姫将軍は生まれつき気性が荒いので長続きしませんでした。宣姫将軍は動揺し、裴将軍に”自分を犠牲にする”と言い、自ら武術を廃し自分の足を折ったんです。そうすれば彼女は両翼を折って裴将軍の側に自分を縛りつけているようなもの。裴将軍は彼女を見捨てなかったので引き取って世話をしたが、結婚しようとは思いませんでした。宣姫将軍は悲願を果たすことができず、恨みを抱いて自殺したのですが、それは裴将軍を悲しませるためだけのものでした。…」

引用:Hatena Blog


宣姫は一途な女性だったんですね…。戦争という特殊な環境で育んだ恋愛は、また特別な感情になっちゃうんでしょうか。

鬼花婿は威容の配下?

宣姫は死んでから数百年は悪さをする力はありませんでした。しかし四大害の一人・威容(チー・ロン)に出会ってから害を及ぼし始めた、と作中で語られています。


↓威容(チー・ロン)についての詳しく知りたい方はこちらの記事で解説しています!

威容の等級は「凶」ですが、最高ランク「絶」に匹敵する鬼です。花城とは違い非常にタチの悪い鬼なので、駒として利用したのかもしれませんね。

終わりに

今回は『天官賜福』の鬼花婿について調べてみました。


国を売ってしまう覚悟があるのはすごいですよね…。やっぱり将軍だからこその器量というか、いや恋は盲目ということでしょうか。


恋は引き際が大事だと宣姫から教訓をもらいました…。


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました