『天官賜福』の郎螢(包帯の少年)の正体は鬼?死んだ理由やネタバレも!

天官賜福

今回は『天官賜福』の鬼花婿編で登場した全身包帯をまとった少年の正体に迫っていきます!


鬼花婿のナワバリである与君山(よくんざん)に住んでいて、山の麓にある村の娘・小蛍(シャオイン)にお世話してもらっていましたね。


鬼花婿編の最後に謝憐に言われて包帯を外しますが、大昔に消滅したはずの病気・人面疫(じんめんえき)を患っていて謝憐たちを驚かせました。


なのでこの少年について詳しく解説していきますね!

天官賜福のお得な動画の視聴方法についてはこちらから>>

郎螢(包帯の少年)の正体は?

与君山の鬼新郎の事件で謝憐が出会った、顔に包帯を巻いている少年。
小蛍が世話をしていたが、事件後は謝憐が面倒をみることになる。
顔には、800年前に仙楽国が滅んだ原因のひとつ、人面疫の痕がある。

引用:WIKIWIKI.jp


「郎蛍」の読み方は”ラン・イン”。英語では”Lang Ying”


鬼花婿編で登場した全身包帯をまとった謎の包帯の少年。その正体は、永安国の王子だそうです!

曾是永安國的太子,郎英(永安開國國君)的侄子,本是身份尊貴,但當初他和郎英的屍體帶過一段時間,所以就染上了人面疫,

翻訳:
(彼は永安の皇太子である郎英(永安の創始者)の甥であり、高潔な人物であった。元々は威厳のある人だったが、ランインの死体としばらく一緒にいたため、人面瘡にかかってしまったのだ。)

引用:https://read01.com/0ME6Nom.html#.YRpritOmO3I

裴宿がいた永安国は郎英(ラン・イン)によって建国されたんですね。裴宿と半月、謝憐が出会ったのが200年前なので、そこからさらに600年も遡ることになります。


そしてその郎英の甥が郎蛍。一応、郎英の情報です。

永安出身の20代半ばの手の大きな男性。
永安が干ばつに見舞われたため、窮状を国王に訴えるべく病気の子供を連れて仙楽国の都へ赴く。子供が病死した後、反乱軍のリーダーとなる。
仙楽国滅亡後、永安国を建国して初代の王となった。

WIKIWIKI.jp

元は仙楽国の一都市でしたが、干ばつが起こったことにより難民となった永安の人々が最終的に反乱軍となり、仙楽国を滅ぼします。


彼はある事件に直面し、800年間放浪していたのです!

[ad]

郎蛍は鬼?

郎蛍は鬼のようです!じゃないと800年以上生きていられるわけないですよね^^;


人面疫は800年くらい前に消滅していますが、それを患っているということは人間ではありませんね。


↓郎蛍が「鬼」だと分かる文を見つけました!

當初謝憐火燒永安國皇宮的時候,郎螢逃了出來,不過成了活鬼,顛沛流離的過了八百年。

翻訳:
(謝片が永安宮を焼き払ったとき、ラン・インは逃げ出したものの、生霊となって800年の間、混乱と流浪の日々を送った。)

引用:https://read01.com/0ME6Nom.html#.YRpritOmO3I

翻訳前の文章では「鬼」の文字があるので、郎蛍は鬼であることは間違いないでしょう。なので一度死んだことになります。


そして彼は謝憐たちに人面疫を見られ、それがショックで鬼市に逃げます。その後謝憐は鬼市で彼を発見し、菩薩観(謝憐の自宅)に連れて帰るようですね。

[ad]

郎蛍が死んだ理由は?

郎蛍が死んだ理由は、白無相(バイ・ウーシャン)が原因です。


謝憐が宮殿を燃やした理由は不明ですが、謝憐に宮殿を燃やされた後、郎蛍はなんとか逃げ延びます。しかしその道中、白無相に取り憑かれて死んでしまったようです。

不過郎螢雖然活了八百年,但終究是命不好,不僅在後期的劇情中被白無相利用,附身,更是在漫長的時間中郎螢被白無相慢慢的吞噬,最後消散在世間。
沒想到當初郎螢雖逃過了火燒皇宮,但終究逃脫不了一死,只不過是時間早晚罷了,而郎螢也是為白無相出場所做下的一個鋪墊。

翻訳:
(800年生きたとはいえ、物語の後半のエピソードで白禹生に利用されたり憑依されたりする幸運には恵まれず、長い時間をかけてゆっくりと白禹生に飲み込まれていったのです。
宮殿の焼失は免れたものの、結局は死を免れることはできなかったが、それも時間の問題だったという話である。)

引用:https://read01.com/0ME6Nom.html#.YRpritOmO3I

最終的には白無相(バイ・ウーシャン)によってバラバラに魂が飛び散ってしまうとの結末でした(´;ω;`)


↓白無相(バイ・ウーシャン)の正体は、こちらの記事に詳しく書いていまので知識を深めてみてください。

https://diddlediddle.net/tenkaanshifuku-junwubaiwuxiang/?p=3240/

郎蛍は壮絶な過去を持っていて、最後も報われない本当にかわいそうなキャラクターですね…。

[ad]

終わりに

今回は、『天官賜福』の包帯の少年・郎蛍について調べてみました。


アニメを見てて思ったのですが、鬼の等級が「凶」の鬼花婿のナワバリで生活していたって「危なすぎじゃないか…?」と感じました(笑)


鬼花婿が従えてるゾンビみたいのがうじゃうじゃいたし、絶対やられるでしょ!って普通思いますよね…。けど郎蛍も鬼ということは、襲われない理由にもなりそうで勝手に納得しています(笑)


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました