「天官賜福」の郎螢(包帯の少年)の正体は鬼?死んだ理由やネタバレも!

四大害・鬼

今回は「天官賜福」の鬼花婿編で登場した全身包帯をまとった少年の正体に迫っていきます!


鬼花婿のナワバリである与君山(よくんざん)に住んでいて、山の麓にある村の娘・小蛍(シャオイン)にお世話してもらっていましたね。


鬼花婿編の最後に謝憐に言われて包帯を外しますが、大昔に消滅したはずの病気・人面疫(じんめんえき)を患っていて謝憐たちを驚かせました。


なのでこの少年について詳しく解説していきますね!

郎螢の正体は?

天官赐福郎萤什么身份_红圈星闻手机版
引用:http://www.redquan.com/ask/2020011433635.html

与君山の鬼新郎の事件で謝憐が出会った、顔に包帯を巻いている少年。
小蛍が世話をしていたが、事件後は謝憐が面倒をみることになる。
顔には、800年前に仙楽国が滅んだ原因のひとつ、人面疫の痕がある。

引用:WIKIWIKI.jp


「郎蛍」の読み方は”ラン・イン”。英語では”Lang Ying”


鬼花婿編で登場した全身包帯をまとった謎の包帯の少年。その正体は、永安国(ヨンアン)の王子だそうです!

曾是永安國的太子,郎英(永安開國國君)的侄子,本是身份尊貴,但當初他和郎英的屍體帶過一段時間,所以就染上了人面疫,

Google翻訳:
かつてはヨンアンの王子であり、ランイン(ヨンアンの創設君主)の甥でした。彼は元々著名人でしたが、彼とランインの遺体はしばらく服用したので、人間の顔に感染しました。

引用:https://read01.com/0ME6Nom.html#.YRpritOmO3I

「ラン・インの甥」とありますね。


実は包帯の少年の本名は不明で、本編では小蛍(シャオイン)が”ラン・イン”と名付けました。偶然読み方が一致したようです(笑)


ちなみに翻訳に出てきた永安国の君主”ラン・イン”の漢字は「郎英」です。


↓郎英の情報です

永安出身の20代半ばの手の大きな男性。

永安が干ばつに見舞われたため、窮状を国王に訴えるべく病気の子供を連れて仙楽国の都へ赴く。

子供が病死した後、反乱軍のリーダーとなる。

仙楽国滅亡後、永安国を建国して初代の王となった。

引用:

永安国は、800年前に郎英によって建国された国です。元は仙楽国の一都市でしたが、干ばつが起こったことにより難民となった永安の人々が最終的に反乱軍となり、仙楽国を滅ぼします。


翻訳された文章には「彼とランインの遺体はしばらく服用したので、人間の顔に感染しました。」とあります。文章がめちゃくちゃで分かりにくいですが、郎英の遺体を食べて人面疫に感染したってことでしょうか?


干ばつにより食べるものがなく、仕方なく食べたのかなと思います…。

郎蛍は鬼?

郎蛍は鬼のようです!郎蛍は800年以上生きています。


人面疫は800年くらい前に消滅していますが、それを患っているということは人間ではありませんね。


↓郎蛍が「鬼」だと分かる文を見つけました!

當初謝憐火燒永安國皇宮的時候,郎螢逃了出來,不過成了活鬼,顛沛流離的過了八百年。

翻訳:
シエ・リアンがヨンガン州立宮殿を燃やしたとき、ラン・インは逃げましたが、生きた幽霊になりました。

引用:https://read01.com/0ME6Nom.html#.YRpritOmO3I

「生きた幽霊」とありますが、中国では死者の霊魂を意味します。また翻訳前の文章では「鬼」の文字があるので、郎蛍は鬼であることは間違いないでしょう。


ということは一度死んだことになりますね…。

郎蛍が死んだ理由は?

郎蛍が死んだ理由は、白無相(バイ・ウーシャン)が原因です。


謝憐が宮殿を燃やした理由は不明ですが、謝憐に宮殿を燃やされた後、郎蛍はなんとか逃げ延びます。しかしその道中、白無相に取り憑かれて死んでしまったようです。

不過郎螢雖然活了八百年,但終究是命不好,不僅在後期的劇情中被白無相利用,附身,更是在漫長的時間中郎螢被白無相慢慢的吞噬,最後消散在世間。

沒想到當初郎螢雖逃過了火燒皇宮,但終究逃脫不了一死,只不過是時間早晚罷了,而郎螢也是為白無相出場所做下的一個鋪墊。

翻訳:
しかし、ラング・インは800年生きましたが、彼女の人生は良くありませんでした。彼女は後の区画でバイ・ウーシャンに使用され、所有されただけでなく、長い間、ラン・インはバイ・ウーシャンにゆっくりと飲み込まれ、ついに消散しました。世界で。

意外にも、ラング・インは燃え盛る宮殿を脱出したが、結局死を免れることはできなかった。それは時間の問題であり、ラング・インもバイ・ウーシアンが出かけるための土台を築いた。

引用:https://read01.com/0ME6Nom.html#.YRpritOmO3I

郎蛍も壮絶な過去を持っていて、本当にかわいそうなキャラクターです。


白無相(バイ・ウーシャン)の正体は、こちらの記事に詳しく書いていまので知識を深めてみてください。


ただ最終的に郎蛍の「人面疫」は治るそうです!よかった!

終わりに

今回は、「天官賜福」の包帯の少年・郎蛍について調べてみました。


アニメを見てて思ったのですが、鬼の等級が「凶」の鬼花婿のナワバリで生活していたって「危なすぎじゃないか…?」と感じました(笑)


鬼花婿が従えてるゾンビみたいのがうじゃうじゃいたし、絶対やられるでしょ!って普通思いますよね…。けど郎蛍も鬼ということは、襲われない理由にもなりそうで勝手に納得しています(笑)


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました