takt op.Destinyをwiki解説!あらすじや原作は?

エンタメ

2021年10月5日(火)深夜0時から、テレビ東京系アニメ『takt op.Destiny』が放送スタートしました!


このアニメはなんと『呪術廻戦』のMAPPAと、映画『サマーウォーズ』のMADHOUSEがタッグを組んで制作しています。


なので今年間違いなくヒットするアニメでしょう!


今回は『takt op.Destiny』のあらすじや声優、原作はあるのかについて調べてみました。

「takt op.Destiny」のあらすじは?


『takt op.Destiny』のあらすじです。

音楽は人の心を照らす光――
突如として、その『光』が世界から奪われる。
空から黒い隕石『黒夜隕鉄』が降った夜、世界は様変わりした。
黒い隕石から生み出された異形の怪物『D2』が、大地と人々を蹂躙し始める。
D2は人の奏でる旋律に惹かれ、やがて『音楽』そのものが禁忌とされた。

だが、その怪物に抗う者達が現れる。

音楽を力とする少女達――『ムジカート』。
彼女達は、人類史に残る偉大な歌劇、楽曲の楽譜(スコア)を身に宿し、D2を撃ち破る力とした。

そして、彼女達を指揮し、導く『コンダクター』。

2047年。D2との抗争によって荒廃したアメリカ。
コンダクターの『タクト』は、ムジカート 『運命』と共にニューヨークを目指して旅していた。
音楽が失われた世界で、音楽を渇望する『タクト』
D2の殲滅を望むムジカート『運命』。

二人の少年と少女が生み出す旋律は、歓喜かそれとも絶望か――

引用:takt op.Destiny公式HP

作中の冒頭では、最初にキラキラした石がたくさん降ってきたと説明されています。そしてその後に黒い石が降ってきてその中から、怪物「D2」が出現し世界を破壊し始めます。


D2が暴れまわっていた時に、キラキラした石の力を手にした者たちが迎撃している様子が描かれています。これがざっくりとして世界観ですね。

■コンダクター(指揮者)はムジカート達を指揮し、勝利へと導く存在。

■ムジカートとは、かつての時代に生み出された伝説の歌劇、偉大な楽曲。その楽譜を身に宿し、音楽の力で戦う少女たちの総称。

D2はキレイな旋律に誘われて襲ってきます。なのでD2が出現する少し前までは自由に音楽を聴けていました。


主人公・タクトは戦闘時、一時的に右腕を失う代わりにパートナーであるムジカート「運命」を強化することができます。


クラシック音楽とバトル要素が組み合わさっていてとても独特ですね。音楽漫画とバトル漫画が融合してサウンドも充実した新しいアニメです!


ヒロインの「運命」もかわいいし、ダイナミックな武器や演出、作画も最高ですね!

「takt op.Destiny」の原作は?

「takt op.Destiny」に原作はなく、オリジナルアニメになります。


なので小説や漫画はありません。


ただ本作品はゲーム化も決まっているため今注目のアニメなのです!

ゲームのリリース時期はまだ情報解禁されていなので不明です。ただ2021年リリース予定となっています。

終わりに

今回は、「takt op.Destiny」について調べてみました。


YouTube動画のコメント欄を見ると、外国の方ばかりがコメントしていました!


世界中で放送を待ちわびているようで、その期待度も相当なものです。


今後も速報を楽しみにしましょう!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました