山河令27話のあらすじは絶世の知己!ネタバレ注意!周子洲が命をかけて文克星を守る?

山河令

この記事では、中国ドラマ『山河令』の最終回のネタバレ・考察についてご紹介していきます。

中国ドラマ『山河令』は、人気作家 Priestさんの耽美小説を原作に、運命を共にする主人公2人の波乱の人生を描いた大ヒットブロマンス時代劇です。

周子洲が命をかけて文克星を守るのでしょうか?気になりますね!

それでは、中国ドラマ『山河令』の27話のネタバレ・考察についてご紹介していきますので、お見逃しなく!

中国ドラマ『山河令』の27話のネタバレ・考察

周子舒の反発

大巫の友人で、ずっと周子珠を待っていた男がいる。

周子舒は、文克信が幽谷の主人になる前の先輩である鎮遠を知っていたことを認めた。

周子洲は、懸命に彼を守ろうとしたが、葉白井は彼を自殺に追いやった。

周子舒は、弟子の栄賢を守るために両親を殺された文克星を殺す資格はないと、葉白居を非難した。

文克信は途中で葉白衣を待ちたかったが、葉白衣が周子洲に自分の正体を明かすことを心配していた。

周子洲は、自分が桂谷の主であることを知っているとは思っていなかったが、周子洲が、わざと自分を置いて買い物に行き、葉白衣を途中で待っていたことも推測された。

谷翔の邪悪なオーラ

曹蔚宁は顧相と日々を過ごし、二人の関係は深まっていく。

孟維克は、曹維寧に手紙を届け、それが文克信と周子胥からだと知った顧相は、慌てて手紙を手に取り、いろいろと言い訳をして隠すのである。

莫偉舟は、谷翔が邪悪なオーラを放っていることに気づき、曹偉寧にもっと注意するよう警告したが、曹偉寧は懸命に谷翔を守ろうとするのである。

周子胥は、自分の怪我を無視し、張成嶺とともに文克星を手厚く介護し、二人とも山賊に襲われたと嘘をつき、張成嶺はそれ以上質問しませんでした。

文克信は周子洲に自分のしたことを告白した。

彼は、曲の後半をわざと作り上げ、柳里鎧が五湖連盟の手にあると江湖界の人々に信じさせた。

しかし、大災害の前に五湖連盟の兄弟が別々に飛び立つとは思ってもいなかったのだ。

周子舒の考え

周子舒は、高宗を陥れるために誰が証拠を仕掛けたのか、文克信は幽霊谷に裏切り者がいると疑い、怪我が治ったら真実を突き止めようと思っていた。

蠍王は、谷翔と曹叡寧が青峰剣聖に行ったこと、莫淮洋が英雄会議の後、山を閉ざしたことを知り、これまで誰も山に出入りしていないことを知ったのだ。

蠍王は薬師を送り込んで青峰剣聖を死地に陥れようとしている。

趙景は激怒し、蠍王に薬師をすべて追い出すように命じたが、まさかしつこく追いかけてくるとは思ってもいなかった。

曹蔚宁は文克星と周子洲の手紙を見たいと言うが、谷翔は慌てて口実を探してごまかすが、莫偉旭と范淮鴻に誤解されないか心配になる。

葉白居の手紙

平安は周子舒に大巫の旅を報告した。

大巫は、周子舒のために妙薬を作らなければならないので、数日道中が遅れる。

平安は周子舒に葉白居の手紙を渡した。

それは山河令の刻印があり、江湖の全宗派に団結して幽霊谷を撲滅するように呼びかける戦書であった。

周子舒は文克信がよく眠れないことを知り、手ずから酔い止めの漢方薬を作ってやった。

文克信は、昼夜を問わず練習に励む張成沢の姿を見て、心の中で複雑な思いを抱いた。

中国ドラマ『山河令』27話に関する口コミ

わだかまりが消えて、老温をまっすぐに見る阿絮の眼差しが美しかったですね!

中国ドラマ『山河令』27話のまとめ

この記事では、山河令の27話のネタバレ・考察についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ファンの間でも人気のある回ですよね!

絶世の知己というタイトル通りの内容だったと思います。

次の回が気になります!

タイトルとURLをコピーしました