パレットタウンの観覧車も終了!閉鎖の理由は?跡地の今後も!

お役立ち

お台場のシンボルとしても有名な大観覧車を中心とした複合施設・パレットタウンが閉鎖されることが話題になっています!


長年、国内外の多くの人が訪れて賑わっていた施設ですが、まさか閉鎖されるとはびっくりですね…。


今回は閉鎖される理由とパレットタウン跡地には今後何が建設されるのか、気になったので調べてみました!

パレットタウンとは?


「パレットタウン」は、1999年3月に臨海副都心エリアに誕生し、これまでに国内外合わせて4億人以上が来場した大人気商業施設です。


お台場のシンボルである『パレットタウン大観覧車』が有名ですね!


この観覧車は、東京タワーとスカイツリー、東京ゲートブリッジとレインボーブリッジなど、東京名所が一望できる抜群の眺望です。


他にもパレットタウンには、中世ヨーロッパの雰囲気が特徴的な『VenusFort』や、トヨタによるモビリティの体験型テーマパーク『MEGA WEB』、ライブハウス『Zepp Tokyo』など、多様な施設が集結しています。


さらに、2018年6月には森ビルとチームラボが共同で運営する『森ビル デジタルアート ミュージアム:エプソン チームラボボーダレス』も加わり、東京の新たな観光名所として国内外の多くのゲストが来場しています。


田舎出身の私ももちろん行ったことはありますが、初めての東京観光で訪れた時に、ここで東京のすごさを目の当たりにしましたね(笑)


とても幻想的だし未来的な施設の印象があって終始ワクワクしてました!

パレットタウンの閉鎖の理由は?

パレットタウンの閉鎖の理由は明確には回答されていませんでした…。

閉館の理由については、「開発事業の一部進捗に伴い」とのこと。

引用:Yahoo!ニュース

ただ閉鎖される1番の理由はコロナによる外出自粛だと思われます。


2021年7月14日(水)のパレットタウンの様子をツイートしてる方を発見しました!


とても閑散としていて、お台場じゃないみたいですね…。


パレットタウンの各施設は順次終了していきます。

■各施設営業終了予定
2021年12月31日:MEGA WEB
2022年1月1日:Zepp Tokyo
2022年3月27日:VenusFort
2022年8月31日:パレットタウン大観覧車
2022年8月31日:MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON
teamLab Borderless

引用:ORICON NEWS

パレットタウンが閉鎖されることに対して、ツイッターでは閉鎖を惜しむ声がたくさんありました。


いつコロナが終息するか分からないし、お客さんがほとんどいない状況でここまで巨大な施設を維持するのは無理がありますよね,,,。

パレットタウン跡地の今後は?

パレットタウンの跡地には、「プロバスケットボールBリーグ、アルバルク東京の試合会場にも使う多目的アリーナ」が建てられるそうです!

跡地には、トヨタグループの東和不動産がプロバスケットボールBリーグ、アルバルク東京の試合会場にも使う多目的アリーナを2025年6月に完成させる予定だ。

1万人以上を収容する。新しい商業施設も計画している。

引用:Yahoo!ニュース

↑「〜収容する。新しい〜」は誤って記入されたと思いますが…。


パレットタウンが位置する臨海副都心エリアは、日本の今後の成長を牽引するエリアとなっていくことが見込まれているそうです。


なので同事業区域の進出事業者である「トヨタ」および「森ビル」は、今後も新たな賑わい創出に資する施設を企画・検討し、引き続き磁力ある街づくりに取り組んでいくとのこと。



このままパレットタウンを維持して損失を被るより、リニューアルして将来に投資するって感じでしょうか。


どんな施設が建つのか気になりますね!

終わりに

今回は、パレットタウンが閉鎖されることについて調べてみました。


現在第3波の感染者を超える第4波がくると予想されていてコロナ感染凄まじいです…。


そのためこんな人気の商業施設でさえ閉鎖されるので悲しいですが仕方ないことですね。


でも時代は常に変化しますし、お台場の新たな歴史のスタートとして今後の再開発を楽しみにしましょう!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました