オリンピック開会式の台本11冊の内容は?閉会式はどうなる?ネットの反応は?

お役立ち

オリンピック開会式が無事終わって、選手たちがメダル争いを繰り広げて盛り上がっていますね。


そんな中、7月28日に文春からオリンピック開会式について衝撃の真実が暴露されました!


その記事の内容には、実際に行われた演出とは全然違う内容が記載されています。


その幻の開会式について紹介していきます!

幻のオリンピック開会式の内容は?


元々のオリンピック開会式の内容は以下のように予定されていました。

Perfumeがステージ上でパフォーマンス。


ダンサー兼歌手の三浦大知が登場。


女優・土屋太鳳と、世界的ダンサーの辻本知彦が舞う。


世界的ダンサー・菅原小春が舞う。


ダンスユニット・東京ゲゲゲイが登場。


俳優・森山未來が舞う。


64年大会の競技映像を振り返り、渡辺直美が「READY?」と合図を送り女性ダンサーたちと舞う。


各国のアスリートが行進。


スーパーマリオやインベーダーゲームのキャラクターのCGが盛り上げていくーー。

との内容だったそうです。


やはりマリオやゼルダ、ポケモンなど任天堂の曲は流れる予定だったようです。

 かたや花形の一つ、入場行進では「ドラゴンクエスト」など、世界的に有名なゲームの楽曲が19曲流れた。だが、6月16日付の〈MUSIC LIST〉の選手入場の項目を見ると、本番で流れなかった5曲の曲名が記されている。

「ゼルダの伝説」のメインテーマや「スーパーマリオブラザーズ」のスーパーマリオ組曲、「ポケットモンスター」のオープニング……共通点はただ1つ、「任天堂ソング」ということだ。

引用:5ちゃんねる


また世界的に人気なテクノポップグループ「パフューム」も登場することになっていました。


実際とは全然違う内容の開会式になっています。


なぜここまで違うのかというと大手広告会社・電通が絡んでいるようです。

オリンピック閉会式の台本は?

東京オリンピックの閉会式の情報はまだ明かされていません。


ただ開会式がここまで荒れているとなると、閉会式も大人の事情で全く違うものになっていそうです。

17年12月 開閉会式のプランを作成する「4式典総合プランニングチーム」が設置。川村元気、栗栖良依、佐々木宏、椎名林檎、菅野薫、野村萬斎、MIKIKO、山崎貴の8氏。

引用:Yahoo!ニュース


この8人が開閉会式のプランを立てていたそうです。


その後、式典計画見直しのためチームが解散します。


しかし開会式までにいろんな人が処分、辞任をしました。


この内、”安倍マリオ”の演出を担当した菅野薫さんがパワハラ行為で懲戒処分されています。


さらに完璧な開会式の演出を作り上げていた演出家・MIKIKOさんは排除されたとの情報も。


重要メンバーが抜けているので、閉会式の演出も楽しみが半減しちゃいますね…。

ネットの反応は?

この記事がは公開されたことでネットではとんでもない反響が起こっています!

全世界注目のイベントなのに、一企業の思惑で大幅に演出を変えられるのは納得できませんよね…。


やっぱり原案の開会式を見たかったです。

終わりに

今回は、文春が公開した幻のオリンピック開会式について調べてみました。


オリンピックは一大イベントなので、企業の思惑より人々を感動させるクリエイティブさが大事ですよね。


こんな舞台裏の事情が一般市民にも知れ渡ったとなると、今後の対応も注目ですね。


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました