東京オリンピックのカザフスタン美人旗手は誰?プロフや結婚相手・子供も!

エンタメ

東京オリンピックの選手入場でカザフスタンの手が美人だと話題になっていました。


それがこの方!


この女性選手の名前は「オルガ・リパコワ」さん。


王妃のような衣装を身に纏って入場していましたが、ゲームから飛び出てきたような美しい女性ですね!


彼女は陸上選手で数々の大会で好成績を残している世界トップクラスの実力を持っています。


今回は、オルガリパコワさんのプロフィールや経歴・家族について調べてみました!

オルガリパコワのプロフィール

名前オルガ・リパコワ
(Olga Rypakova)
種目三段跳び
生年月日1984年11月30日生まれ
36歳(2021年7月時点)
身長183cm
体重62kg
出身地カザフスタン オスケメン
ツイッター

インスタ
???

olgarypakova_official

オルガリパコワさんは、「三段跳び」の選手です。


「三段跳び」とは、ホップ・ステップ・ジャンプの三歩で、その距離を競う種目です。


競技の映像です。

ちなみに「三段跳び」の始まりは、水たまりをできるだけ少ない歩数で跳び越える古代アイルランドの技比べが競技化したといわれています。


YouTubeにて、インタビューを受けている動画がありました。


12:25頃からオルガリパコワさんが登場します。


翻訳機能はありませんが、喋ってる姿も美しいです…。

オルガ・リパコワの経歴は?

オルガリパコワさんの経歴を振り返っていきましょう。


主に「三段跳び」と「走り幅跳び」で実績を残しています!

2005年(20歳ごろ)アジアインドアゲーム大会の「5種競技」で1位。


2006年、アジア選手権の「5種競技」で1位。


2007年(22歳ごろ)、アジア選手権の「走り幅跳び」で1位記録6.66 M、「三段跳び」で1記録14.69 M


この頃から「三段跳び」に集中するようになったようですね。


2008年、アジア選手権の「三段跳び」で1位。


また2008年の北京オリンピックでオリンピックに初出場しています。


2009年、アジア選手権「走り幅跳び」および「三段跳び」で1位。


2010年、世界選手権「三段跳び」で1位、アジア選手権「三段跳び」で1位2012年、ロンドンオリンピック「三段跳」で金メダル。


2016年、リオデジャネイロオリンピック「三段跳び」で銅メダル。


閉会式で”安倍マリオ”が登場したオリンピックで有名ですね(笑)


2018年、アジア競技大会の「三段跳び」で1位。


1位をとりまくっているので、凄まじい身体能力を兼ね備えていることがわかります!


ちなみに最高記録は以下の通りです。

■屋外の走り幅跳び…6.85m(2007年8月)

■屋外の三段跳び…15.25m(2010年9月)

オルガ・リパコワの結婚相手や子供は?

オルガリパコワさんは結婚していて、夫・娘・息子の4人家族です。


下の写真は、2020年2月14日の「バレンタインデー」に投稿された写真です。


投稿本文の一部を翻訳してみました。

愛は世界を救うでしょう!!!

そして、聖バレンタインの日を祝うかどうか、そしてこの休日についてどのように感じるかは関係ありません。 主なことは、カレンダーの日付に依存せずに、お互いを愛し、サポートすることです。

愛をあなた方一人一人に生きさせましょう! 結局のところ、これは人間をより良くする最も誠実で優しい気持ちです!

上の写真は、2020年5月15日の「国際家族デー」に撮った家族写真です。


こちらも投稿の一部を翻訳してみました。

今日は国際家族デーです。

私の家族は私のサポートであるだけでなく、私の要塞、私の権力の場所、私の最愛の人、そして最も親しい人々です。それは家族です。

常に最も秘密を理解し、聞き、助言し、共有する人々。そして、すべての家族に喜びの理由がもっとあることが非常に重要です。

だから、あなたが家族の輪で過ごしたすべての瞬間が暖かくて思い出深いものであったことを願っています!私たちが一緒にいるとき、誰もより良いです!


スポーツ選手として厳しい練習や、本番の恐ろしいほどのプレッシャーを跳ね除けて実績を残せるのは、家族の力があるからだと感じます!

終わりに

今回は、カザフスタンの美人旗手・オルガリパコワさんについて調べてみました。


美人な上に実力も世界トップクラスって羨ましすぎます…。


日本人選手の応援はもちろんですが、彼女の活躍にも注目したいですね。


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました