松丸亮吾は社長?母の子育て術・勉強法とは?【人生が変わる1分間の深イイ話】

お役立ち

2020年11月23日(月)21時00〜放送人生が変わる1分間の深イイ話岸優太&謎解き松丸亮吾に密着!天才4人育てた松丸家(秘)教育を公開が放送されました。

番組中にVTR出演した謎解きクリエイターでおなじみの松丸亮吾(まつまるりょうご)さんについて調べてみました!

最近会社を設立しており、在籍する社員さんも登場したので紹介していきます!

松丸亮吾さんのプロフィール

松丸亮吾(まつまるりょうご)

生年月日:1995年12月19日生まれ

出身地:千葉県市川市

学歴:東京大学工学部に在籍中(2020年11月時点)

身長:170cm

RIDDLER株式会社 代表取締役

家族紹介

父:松丸悟(さとる) 66歳

母:松丸順子(じゅんこ)2012年に乳がんのため58歳で死去

長男:DaiGo 34歳 メンタリスト

二男:彗吾(けいご)30歳 プログラマー

三男:怜吾(れいご)27歳 調香師

四男:亮吾 (りょうご)24歳 謎解き

長男DaiGoさんと四男亮吾さんはテレビに出たりやYouTuberとしても活動しているので多くの人が顔を知っていると思います。

二男彗吾さんはプログラマーとしてアプリ開発をしています。

三男怜吾さんは調香師(食品や香粧品の香料を調合する職業)をしています。

松丸家流子育て術 “子供のやる気と個性を育む”

松丸家独自の子育て術がいくつか紹介されていましたのでまとめてみました!

子育て”はひふへほ”

母・順子さんが実践していた子育て5箇条です。

はげます
ひきだす
ふんぱつさせる
へこたれない
ほめる

松丸家流の勉強法

番組内で母・順子さんが実践していた子育て術を以下にまとめました。

■勉強の方法は兄弟全員食卓で勉強
分からない時は母がつきっきりで教えてくれる

■成績が悪くても絶対に子供を責めない
自分の子供の成績が悪かったら自分の教え方が悪い。いろんな手法を考えた。

■子供の性格にあった勉強ノートを作成
亮吾さんは負けず嫌いだったので、母親が間違ったところをノートにまとめてやる気にさせていた。

■「勉強しろ」とは絶対言わない
個性を伸ばすのが目的で、勉強だけできて頭でっかちになるんじゃなくて趣味を持ちながら併用できると良い。


勉強しろっ!ってどこの親でもいうセリフだと思います(笑)

確かに言われるとやる気なくなりますよね…。

そこを重々わかって、発破をかけるつもりで親は言っていると思います。

あえて言わない方が子供のやる気の矛先が見えてくるようになって、学校の勉強が全てではないということを親は理解できるのでは?と思いました。

株式会社『RIDDLER』の社長

松丸亮吾さんは、2019年3月に謎解き制作会社『RIDDLER』を設立しました。

社長としてクリエイターの作ったものを最終チェックするCQO(最高品質責任者)を担当しています。

在籍する謎解きクリエイターは9名いるそうです。

その中で番組で紹介された人の名前と分かっている実績、肩書きをまとめてみました。


副社長:藤本海右(25歳)

角谷進之介(24歳)

佐々木翼(30歳)
・東大謎解きサークル創設者

石橋研太(24歳)
・算数オリンピックファイナリスト
・元劇団主宰

小野純路(27際)
・知的カードゲーム・コントラクトブリッジ元日本代表(21歳未満)

宮嶌祐生(23歳)
・小説家としても活動

岩見桃子(25歳)


全員超頭がいいのは当然なのですが、”算数オリンピック”ってなんだ…?と疑問になったので調べてみると、

算数オリンピックは、国境・言語・人種の壁を超えて、地球上すべての子供たちが、算数という万国共通の種目で思考力と独創性を競い合う大会です

https://www.sansu-olympic.gr.jp/about/

国によって言語・思想が違いますが、数学に関しては正解は一つしかない!ということだと思います。

それから”知的カードゲーム・コントラクトブリッジ”もはじめて聞きました。

調べてみると、トランプを使ったゲーム”ブリッジ”を略さずに言う名称でした。

終わりに

頭を使うことが大好きなクリエイターが集結している会社ですね。

最近謎解きブームで松丸亮吾さんはテレビで大活躍しています。

その裏では日々締め切りに追われ、謎解きを作りつつ会社を経営されていたことが分かりました。

会社は設立したばかりなのでこれからの活動に注目です!

以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました