『魔道祖師』の鬼腕の正体とは?誰の腕なのかネタバレも!

今回は、『魔道祖師』の鬼腕の正体について解説していきます!


鬼腕(おにうで)はストーリー序盤で登場した強力な敵ですね。『魔道祖師』の物語はこの正体を暴くことが最終目的の一つです。


この腕の持ち主が誰なのか、今すぐ知りたいと思ってる方がこの記事に来てると思うのでネタバレしていきます!

[ad]

鬼腕とは?

鬼腕とは、アニメ1期の第1話で登場した邪悪な魔物です。


腕だけの敵キャラもなかなか見ないですが…。この鬼腕はめちゃくちゃ強く、また謎が多いためストーリーの鍵を握る重要な役割をになっています。


初登場はストーリーの序盤。「最近莫家の近くの裏山で”屍”が頻繁に現れる」との通報を受けて、姑蘇藍氏(こそランし)に所属する若い修士・藍思追(ラン・スージュイ)と藍景儀(ラン・ジンイー)、その他少年修士たちが莫家を訪れます。


その夜、敷地内で鬼腕が出現することになります。


鬼腕は少年修士たちの想像を遥かにしのぐ凶暴さで、このままでは死んでしまう…という状況で助太刀に現れた藍忘機(ラン・ワンジー)によって捕縛されます。その後、その腕の持ち主と操っている黒幕を暴くために利用されます。


腕以外にもバラバラにされた体のパーツにはそれぞれに魂が宿り、”元の姿で死にたい”との思いで自分の体を探します。その過程で気休めに他人の体を乗っ取り、自分の体が見つかるまでそれを繰り返します。


アニメでは”頭のみ”が襲ってくる敵も出現しましたね。


この頭は鬼腕ほど強くなく、その場であっさり倒しました。襲ってくる体のパーツは、元々の持ち主のパワーを表していることが分かります。

[ad]

鬼腕の正体は?

※ネタバレ注意です!


鬼腕の正体(持ち主)は、聶明玦(ニエ・ミンジュエ)です。聶明玦は、金光瑤に殺されてしまいます。


弟である聶懐柔(ニエ・ホワイサン)は、本当に兄が死んだのか確かめるために兄の遺体を探しました。長期間、苦労して探した結果、腕だけを発見。それ以上は見つかりませんでした。


金光瑤は聶明玦を相当恨んでいたようで、体も魂もズタズタにしてしまいます。


藍忘機でさえ怨念を鎮めるのに手を焼いているのに、どうやって聶懐柔は鬼腕の怨念を鎮めていたのか気になるところではありますが…^^;

[ad]

聶明玦が殺害された理由は?

金光瑶が聶明玦を殺害した理由は、育った環境からくる価値観のズレだったようです。


聶明玦は裕福な家庭で育ち、金光瑶は貧乏な暮らしを強いられていました。


↓聶明玦は以下のような価値観を持っています。

聶明玦は〈決して私欲のために人を殺め〉ず、〈己を犠牲に〉すると言います。では、彼が自身を犠牲にしてでも守りたいものとは何か。それは言うまでもなく、己の生まれた世家であり、清河の地であり、家族であり、そして弟です。

引用:Privatter


↓しかし金光瑶の価値観は違います。

 対して金光瑶は、自分が何より尊いのだと言います。なぜなら彼には、かえりみるべき世家も、家族も、兄弟も存在しないのです。先に述べた通り、金光瑶にとって重要なのは母の願いを叶えることであり、母の願いを託された己の身ひとつを除けば、かえりみるものなど何ひとつないのです。ゆえに彼は、最愛の母と、その願いを託された己を害されることが何よりも耐え難い。
そして、金光瑶はついに聶明玦を殺害します。

引用:Privatter

聶明玦は金光瑤のことをすごく気に入っており、自分の右腕としてともに戦っていました。


ある出来事がきっかけで、聶明玦は金光瑤にマジギレ。まっとうに生きてほしいとの思いで彼に怪しい動きがあればその度に叱る、という態度を続けていました。


しかし金光瑤は巧妙な手を使い、最終的に彼を死に追いやります。


聶明玦は愚直な性格で、劣勢スタートだった岐山温氏討伐の際に指揮をとったり3癖以上ある金光瑤を正道に導こうとするなど思いやりがある素晴らしい人物でしたね。


ただいくらか金光瑶にも同情してしまう部分もあります…。彼は近親者を次々手にかけて悪事にも手を染めますが、同じくらい手助けもします。


また幼い頃から宗主になった後でさえ”娼婦の子”だと馬鹿にされますし。人によって金光瑤の見方は変わってきそうですね。



ABEMAでは『魔道祖師』の見逃し配信をやっています!

 

3期”完結編”にてこれらの出来事が明かされるでしょうから、それに向けて事前知識を蓄えておきましょう!


14日以降は有料になりますが、見逃した分を消化して期限以内に解約すれば無料にできますよ!

[ad]

終わりに

今回は、『魔道祖師』の鬼腕の正体について調べてみました。


金光瑶は2期に入ってから登場し始めましたね。ネタバレを知った上で彼の行動や言動を見返してみると、新たな発見がありそうです!


以上、まっちでした!

タイトルとURLをコピーしました