『魔道祖師』の日本語小説は?原作小説のキスやラブシーンは何章?アニメはある?

魔道祖師

今回は『魔道祖師』原作小説のキスやラブシーンが何章にあるのか?またアニメでもあるのか調べてみました!


アニメ版だと大人の都合上完全バトルにシフトしてます。しかし原作小説はBL全開の激アツシーン満載!


なのでそのシーンが小説の何巻の何章なのか、シチュエーションも解説していきます!

『魔道祖師』のお得な視聴方法についてはこちらから>>

『魔道祖師』の日本語小説は?

『魔道祖師』の日本語版小説は、2021年7月27日で全4巻すべてが発売されました。

4巻には番外編があるためか少し値段が高くなっていますね。

『魔道祖師』のキスやラブシーンは何章?

小説版『魔道祖師』のキスは、小説3巻の15章にあります!


この章では、岐山温氏討伐後に行われた百鳳山巻狩(ひゃくほうさんまきがり)のエピソードが綴られます。


この狩りに参加する修士たちは、大会に出場する資格があるかを確認するために、弓矢を的に命中させるテストを受けます。


魏無羨は江澄と話している最中、手首に巻いていた帯で瞬時に目を覆い隠し、矢をつがえ放ちます。すると的に命中。この一連の動作を電光石火のごとく瞬く間にやってのけます。


観客たちは大いに盛り上がり、金子勲(ジン・ズーシュン)が自分の時より観客が盛り上がっていることに嫉妬する。


そして彼は魏無羨に「そんな見かけ倒しなことをしやがって、目隠ししてできるなら巻狩が終わるまでずっととお前は目隠ししていればいい」と挑発。


魏無羨はその挑発に乗り、目隠しをしたまま巻狩に参加します。彼は山奥まで歩き、休憩するのにちょうど良い場所を見つけて座っていました。


すると誰かが近づいてきていることを察知。しかし殺気を感じません。何者かに一言、二言話しかけますが、完全無視。


当時の魏無羨は鬼道を駆使して岐山温氏を残酷に倒しています。そのことから仙門百家の修士たちは彼のことをひどく恐れています。


そんな彼にどんどん近づいてくるその人物に興味が湧き、微笑みながら再度話しかけようとすると突然強い力で体を押さえつけられてしまいます。


そして……。非常に萌えるシーンなのでぜひ小説で読んでみてください^^;

そしてキス以上のラブシーンは、4巻と番外集にあります!


金光瑤を倒し、りんごちゃんと共に帰路の途中で2人は……。って感じです!魏無羨は冗談で「毎日しよう」と言いましたが、藍忘機はその言葉通り毎日します(〃ω〃)


ちなみに1〜2巻まではキスやラブシーンはありません。ただ1巻で、転生直後の魏無羨は藍忘機のプライベートルームに招かれます。


このとき魏無羨は男色である莫玄羽を演じていて、雲心不知処から逃げ出そうと考えます。あえて藍忘機に嫌われて追い出されるよう魏無羨は男色を演じ、横になっている彼を襲うシーンがあります。


藍忘機は抱きついている魏無羨に金縛りをかけ密着した状態で眠りにつきます(*´ω`*)


さらに鬼腕の調査で清河聶氏を訪れた際、魏無羨は藍忘機に酒を一杯勧めます。すると彼はたった一杯で酔い潰れてしまいます。宿に戻り魏無羨は、酔っている藍忘機に普段は聞けない質問を次々していきます。


そして魏無羨は自分を指差し、魏無羨をどう思ってるか聞いた見たところ「私のもの」と回答(*´Д`)
魏無羨は、藍忘機は勘違いをして自身の剣「避塵(ビチェン)」のことを言ってるんだと一人納得します。そして避塵を彼の前に掲げて「欲しいか?」と尋ねると避塵を持った魏無羨の手をぎゅっと握り、まっすぐ魏無羨を見つめて「…欲しい」と


藍忘機は酔いが覚めた後、魏無羨とのやり取りは一切覚えておらず、自分が何かやらかしたか魏無羨におそるおそる聞きますが、魏無羨は面白い彼の一面を知れたので今後も茶化すために本当のことは話しませんでした(笑)


結果的に、魏無羨が藍忘機に告白します!


金光瑤に罠にかかり、魏無羨と藍忘機は観音廟に囚われてしまいます。同じく囚われていた藍曦臣と、彼らを監視していた金光瑤の目の前で告白します。


後から駆けつけた江澄や藍啓仁、金凌は、2人がくっついているのをみて驚愕^^;


小説を読み進めてキスシーンまで到達するには時間がかかるので、既にアニメを見ている人はそこまで読み飛ばしていいかもです。


小説版は、アニメを見た後に購入するパターンが多いようですね。

紙の温かさとゴツさが最高にけしからんですね!魔道祖師はラノベのジャンルですし感情移入できてサクサク読めますよ!


↓魔道祖師のラジオドラマにもラブシーンがあります!詳しくはこちらの記事で解説しています。

https://diddlediddle.net/madososhi-radiodrama/?p=3905/

アニメだと規制がかかりますがラジオドラマだとセーフみたいです^^;

[ad]

アニメ版にキスやラブシーンはある?

アニメ版の魔道祖師に、キスやラブシーンは一切ありません。


私も全話しっかり視聴していますがBL要素すら感じませんでしたし、普通のバトルアニメって印象です。


大人の都合上、BLは規制に引っかかるためバトル路線まっしぐらになってます。特に中国ではBLに関して厳しい規制を設けているのでなおさらだったようです。


小説だと自分でキャラをイメージしますが、アニメは既にキャラやボイスが出来上がっているので、より速く推しキャラを見つけられます(笑)


なのでアニメを見た後に小説を読むと、さらに感情移入できて妄想を膨らませることが出来ます!


「魔道祖師」は『アマゾンプライム』で全話を見返すことができます。30〜60日間無料なので、全話見返した後解約すれば無料にできますよ!

私は登録後に2日で全話を見返しましたし、同じく中華BLアニメ『天官賜福(てんかんしふく)』も見続けています!


暇つぶしに最適なので試しに体験してみてはいかがでしょうか?

[ad]

終わりに

今回は、『魔道祖師』の日本語小説やラブシーンについて調べてみました。


全巻読み終えましたが、私は1巻読み終わるのに1週間以上かけましたね^^;


「ラブシーンは4巻だ!サクッとそこまで読み進めてやるぜ!」と意気揚々と読み始めましたが、岐山温氏への逆襲、金光瑤との決戦、暁星塵(シャオ・シンチェン)の尊いストーリーなどに夢中になり、ついじっくり読んでしまいました…。


やっぱり魔道祖師はラブシーンはもちろん、小説版のストーリーも最高に面白いのでぜひ読んでみてください!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました