ルパン三世「カリオストロの城 4k+7.1ch」の公開日やチケットの特典・上映場所は?

エンタメ

ルパン三世の不朽の名作「カリオストロの城」が、4k+7.1ch仕様になって上映されます!


それと同時上映で、初の映画化となる「ルパンは今も燃えているか?」も公開されます。


一度に2作品を公開するとは大盤振る舞いって感じですね。


今回は「ルパン三世 カリオストロの城 4k+7.1ch」の公開日やチケット情報・上映館を調べてみました!

「カリオストロの城 4k+7.1ch」の公開日は?

「ルパン三世 カリオストロの城(4K+7.1ch)」の公開日は『10月1日(金)』。


2週間限定で公開されます!


そう…たった2週間しか上映されません…。


40年以上も前の作品なので、一応あらすじを載せますね!

1968年。国営カジノから大量の札束を盗んだルパンと次元は、追っ手たちから
首尾よく逃げおおせ、札束の中で大笑いする二人していた。しかし、それらは全てゴート札と呼ばれるニセ札だった。
ルパンは次なる獲物、ゴート札の秘密を暴くべく、ゴート札が造られている云われのある世界最小の独立国家カリオストロ公国へ侵入。
そこでルパンは、花嫁衣装で男たちから逃げるクラリスと言う少女に遭遇する。
彼女と、国の財産を狙うカリオストロ伯爵との結婚から守るため、ルパン一味は立ち上がる。

引用:アニヲタWiki(仮)

「4K+7.1ch」ってちょっと意味が分からないですよね…。


『4K』とは、映像における画面解像度のことを指しています。


4Kの画面には、横に3840画素、縦に2160画素、全体で829万4400個の画素が敷き詰められています。


「3840x2160」という表記になりますね。


これだけ説明されても分かりにくいので、最近のフルハイビジョンのテレビだと「1920×1080」 です。


つまり今までのテレビより画素数が2倍上がり、細部までめちゃくちゃ綺麗に見えるってことですね!


あと『7.1ch』もよく分からないですよね…。


「7.1ch」は、スピーカーを前後左右にそれぞれ1本の計4本をセットし、センターに1本、後方に2本、さらに重低音専用サブウーファーをセットしたタイプとのこと。


つまり音をより立体的に感じられ、臨場感を楽しめるようです!


今までの映画館だと『5.1ch』が一般的だったので、さらにランクアップしてます。

「4K」の綺麗な映像と『7.1ch』の臨場感があるサウンドで、映画を最高に満喫できますね!

「カリオストロの城 4k+7.1ch」のチケット情報や特典は?

チケットの購入や特典の情報について調べてみました!

チケット情報

チケット前売り券の発売日は、2021年9月1日(水)からです。


前売券はチケット販売サイト『ムビチケ』もしくは『セブンイレブン』でのみ購入できます!


販売価格:各種共に1,500円(税込)とのこと。

チケットの購入特典

『セブンイレブン』限定のムビチケ前売券を購入し、キャンペーンに応募すると抽選で「カリ城」グッズ等が当たるそうです!

【キャンペーン内容】
セブン-イレブン限定のムビチケ前売券(コンビニ)購入者対象のキャンペーンに応募いただいた方の中から、抽選で25名様に、『ルパン三世』グッズプレゼント。

引用:TOHOシネマズ


詳しい情報はまだ公開されていないので、分かり次第追記しておきますね!

「カリオストロの城 4k+7.1ch」の上映場所は?

「ルパン三世 カリオストロの城 4k+7.1ch」で確認することができます。


全国ロードショーではありますが、一部の『TOHOシネマズ』や『T・ジョイ』などでしか上映されないようです。


また上映期間が2週間しか設けられていないので、コロナを意識しているのかもしれませんね。


以前ガンダム「閃光のハサウェイ」のように、コロナの影響で公開日が大幅にズレることもありえるので、上映館や映画の情報をしっかりチェックしておきましょう!

終わりに

今回は、ルパン三世「カリオストロの城 4k+7.1ch」について調べてみました。


リメイクではなく、当時のクオリティそのままで上映されるのである意味新鮮ですよね!


「ルパン三世」自体はとても有名なキャラですが、人気作品は意外と知らない人もいるはずです。


なのでこの名作「カリ城」をみてルパン三世のルーツを知っておきましょう!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました