川口加奈の結婚相手は?出身高校・大学はどこ?ホームドアの活動は?【セブンルール】

エンタメ

2021年3月23日(火)23時00分に『セブンルール』が放送されます。


今回密着取材を受けたのは「認定NPO法人Homedoor」理事長の川口加奈さん。


認定NPO法人とは、「行政にも企業にも属さず、自由な社会貢献活動を行うものとして内閣府から認められた市民団体」のことです。


社会から必要とされている団体を運営している川口加奈さんの経歴や活動内容から、学歴・結婚の情報までを調べてみました!

記事の要約

・川口加奈のプロフィール
・川口加奈の経歴は?
・川口加奈の出身高校・大学はどこ?
・川口加奈は結婚してる?

川口加奈のプロフィール

川口 加奈
引用:Homedoor
名前川口 加奈(かわぐち かな)
職業生活困窮者への就労・生活支援
生年月日1991年1月7日生まれ
30歳(2021年3月時点)
出身地大阪府高石市
学歴小学校:千葉県浦安市立美浜南小学校
    (小1-4年生)
   :大阪府高石市立羽衣小学校
    (小5-)
中学校:私立大阪女学院中学校
    (偏差値:36-38)
高校:私立大阪女学院高校
    (偏差値:62-67)
大学:大阪市立大学 経済学部
    (偏差値:57.5)
所属認定NPO法人Homedoor
ツイッター

インスタ
@KawaguchiKana

なし

団体名”Homedoor”の由来は、駅のプラットホームに設置されている転落防止の柵(ホームドア)にちなんで付けられました。


中学校への通学途中、日本一ホームレスが多いエリア”釜ヶ崎のあいりん地区”を通るようになり、


「日本は豊かな国なのにどうしてこんなにホームレスがいるのだろう?」と疑問に思ったそうです。


それから炊き出しに参加するしたことが川口加奈さんの原点でした。

川口加奈の経歴は?

14歳(中学2年生)で炊き出しのボランティアに参加。


それ以来、ホームレス問題・ホームレス襲撃事件の根絶をめざし、炊出しなどの活動を開始。


2010年、当時19歳でHomedoorを設立。


2011年、ホームレスに自転車の修理をお願いし、町で自転車をレンタル提供するレンタルサイクルビジネス「HUBchari」事業を始める。


ちなみに『HUBchari』=HUB(路上生活者と利用者を結ぶ)+chari(車輪)


その結果、生活困窮者ら累計2000名以上に就労支援や生活支援を提供する。


「Googleインパクトチャレンジ」グランプリ、「人間力大賞」グランプリ、「内閣総理大臣賞」等を受賞。

Google インパクトチャレンジは、様々なテクノロジーの活用を通じ、社会問題の解決にチャレンジする非営利団体を支援するプログラムです。

引用:Googleインパクトチャレンジ


日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2019」に選ばれる。


数々の偉大な賞で表彰を受けています。


確かにすごい経歴ですが、受賞できた要素の共通点は「困っている人を助けている」ということですね。


川口加奈さんの経験やホームレス問題への取り組みを記した著書『14歳で“おっちゃん”と出会ってから、15年考えつづけてやっと見つけた「働く意味」』も発売しています。


またツイッターでは【今日のおっちゃん】と題し、支援している方の一部始終を切り取ったツイートをしています。


川口加奈さんのツイートは見ていると面白くて読み勧めてしまいます(笑)

出身高校や大学は?

高校

出身高校は私立大阪女学院高校です。


大阪女学院は中高一貫校で、自主性を育むことがこの学校の特色です。


口コミでは県平均以上の評価を受けており、有名な卒業生は北川景子さん、福本莉子さん


高校の教育方針に「解放教育」との項目があったので調べてみると、

本校では「全ての人間は平等である」というキリスト教の精神に基づき、憲法の精神、人権を守る精神を大切にして部落差別・民族差別・障害者差別・性差別・平和等について正しい認識を持ち、あらゆる差別の解放につとめることができるように解放教育(人権教育)を進めていきます。

引用:大阪女学院



貧富の差が加速している現代で貧困者が増えていく中、川口加奈さんはホームレスや弱い立場にいる人の支援を行って平和な世界を目指して活動しています。


川口加奈さんは学校の教育方針と共鳴した感じがしますね。

大学

川口加奈さんは大阪市立大学の経済学部を卒業しています。


どんな学科なのか調べてみると、

グローバルな経済・社会が直面する課題を経済学による受信・発信能力を生かして分析し、グローバル・プラクティカル・エコノミスト(GPE)を育成する。

国内外の経済活動に関わる重要な分野で、個性的で創造的な活動によるリーダーシップを発揮する人を育成する。

引用:大阪市立大学経済学部


少人数教育に特化していて、実践的なスキルが身につきやすいそうです。


ちょっと頭の悪い自分には経済学がどんなものか到底知ることはできませんが(笑)


ホームレス問題を扱うにも世の中の動向に常に注目する必要があると思います。


川口加奈さんは生活支援・就労支援するために経済について学ぶ必要があると思って、高校生の頃からしっかり考えていたのでしょう。

川口加奈の結婚相手は?

川口加奈さんは古民家を改装した一軒家に夫と1歳の娘さんと暮らしています。


家族に関する情報は今の所これだけでした。


朝は自宅の縁側で、夫と朝食をとっていました。


ホームレス問題の解決は大変な仕事ですが、優しくて落ち着いた感じの夫の存在が川口加奈さんを勇気づけている印象を受けました!

終わりに

今回は、「認定NPO法人Homedoor」理事長の川口加奈さんについて調べてみました。


生活困窮者を支援するために、クラウドファウンディングでお金を集めてたり、amazonにてウィッシュリストで買ってもらう人を募ったりしています。


募金する感覚に近いですね。


ゲームに課金するよりも、誰かの役に立つために少額寄付したほうが幸福感があると思います!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました