『海賊王女』第9話のあらすじやネタバレは?考察や登場人物も!

海賊王女

ついにエデンの場所を特定!


『海賊王女』の9話が放送されたので、あらすじ解説やネタバレをしていきます。


今回でアベルとヘレナの悲惨な過去が明らかになります。そしてその過去を知れば、アベルのフェナに対する言動やホープ号でフランツを殺した理由も合点がいきますよ!

『海賊王女』第9話のあらすじは?

ーあらすじー

少年だった日々を、アベルは思い返す。王家の末弟のため、周りから冷たくされ、ひっそりと生きていた頃だ。
ある日、庭園にて不思議な少女・ヘレナと出会う。共に過ごす時間が増えるに連れ、二人の間には深い愛情が生まれていくのだが……。
その頃フェナは、回復した雪丸と共に、石から得た座標の謎へと向かい合う。

8話では雪丸とフェナがもう恋人と言っていいレベルの関係になり、熱い回でしたね(*´∀`*)


紫檀とのわだかまりも解消されて改めて仲間が一致団結しました。雪丸たちは真田幸久の命令に背き島の反逆者とみなされ、ほぼ海賊としてこれからフェナと『エデン』に向かうことになります。


そして今回、フェナの母・ヘレナが登場しますね!石の謎も判明するということはジャンヌ・ダルクとの関係も明らかになりそうですね!


『海賊王女』はFODでのみ独占配信を行っています。AmazonプライムやU-NEXTなどでは見られないので注意です!

『海賊王女』第9話のネタバレは?

アベルは自室で絵の具を散乱させて、憔悴した目をヘレナの肖像画に向けています。


そしてアベルの少年時代に遡ります。絵を描いていた少年のアベルは雨が降り出したことで庭園から離れうようと彷徨っていましたが広大な庭園だったため道に迷ってしまいます。


すると偶然出くわした踊っている少女を発見。ヘレナでした。ヘレナも道に迷ってて、彼女いわく迷ったから踊っていたそうです。

その後、2人は友達になり親交を深めていきます。アベルはもっぱら絵を描いていてヘレナは花輪を作っています。ヘレナの美しさや明るい性格にアベルは惹かれていきます。


彼は自室に引きこもり、彼女の絵を床に散乱させるほど描きまくります^^;


アベルは王子の立場にありましたが、両親はおらず、今後国王になることはできないと決まっていました。それに友達もいなかったのでヘレナの存在は彼の中で大きな心の支えでもありました。


そして月日は流れ、アベルは庭園で椅子に腰掛けている憂鬱な表情をしたヘレナを発見。するとフランツが現れ、何かを伝えるとヘレナは立ち上がりその場から去っていきます。


アベルはとっさに「ヘレナ!」と叫び、呼び止めようとしますがヘレナはフランツに促され、庭園を後にします。


ある日アベルは廊下を歩いていると、メイドの会話が耳に入ってきました。
「ヘレナ様の話聞いた?王の子を宿したままフランツってオランダ男と駆け落ちしたそうよ!」
「見つかったらどうなるの?」
「死刑よ!死刑!」



「王」というのはアベルの父のことです。フランツは王の執事のようです。


さらに月日が経ち、アベルは軍服を着て海岸を眺めています。すると彼の部下から報告を受けます。それを聞いた彼はヘレナが幽閉されている牢獄に走って向かいます。(なぜ牢獄に入っているかは不明)


アベルは投獄されているヘレナを見て大きなショックを受けます。アベルは「なぜ僕の前から消えたんだ!君が父の子を宿そうと僕には関係なかった。君にそばにいてほしかった。君がいないと僕はまたこの世界で独りぼっちになってしまう。独りは嫌だ!独りにしないでくれ!」


ヘレナは「あの人が言ったの。父は彼でなければ、王でなければラ・ピュセルは生まれない」
これはヘレナの父が言ったのでしょうか。


ヘレナは柵越しのアベルに近づき、「泣かないで。私の役割は終わったの。後はエデンに帰るだけ」役目というのは多分、子供を出産することだと思います。


アベルは「そこへ行けば君に会えるのか?」と問うと「使命があるものはエデンに導かれる。でもあの子と巡り合うことがあれば、あなたにも使命があるのかもしれない」


彼女は最後に「さようなら、アベル。私がこの世界で唯一愛した人」と言い残し、後日火あぶりの刑に処されます。


火が点けられ、アベルはヘレナが炎の中で彼を見つめて微笑んたことに気付き号泣しながら呆然と立ち尽くします。


刑の執行後、目から光をなくしたアベルは天を仰ぎながら「ここにはもう何もない、何もないんだ。待っててヘレナ。すぐ行くよ」

現在に戻り、コーディが倒れている砂時計を立てて「時間だ、アルヴァレジーネ」とつぶやくと、フェナたちの視点に切り替わります。


雪丸が木の枝で素振りをしていると、フェナがおにぎりを持って駆け寄ってきます。フェナは彼のためにおにぎりを握ってきました。


雪丸におにぎりを渡すと、フェナは病院の屋上で雪丸が彼女に言った言葉の真意を聞き出そうと「あのときのあれって、どういう…」と恥じらいながらも質問します。


「あれってなんだ、あれじゃ分からん」とはぐらかします。風が出てきたので雪丸はフェナに「戻ろう」と声をかけますが、フェナは「もう少しここいる、先に戻ってて」と返答。


雪丸は去っていき、フェナは海岸に目を向けシャングリラで歌っていた曲を「ラララ〜」と歌い始めます。彼女の歌が聞こえた雪丸は、その歌の歌詞を付け加えながら戻ってきました。


フェナは、雪丸が歌の歌詞を知っていることに驚く。彼は「ホープ号で歌っていた。秘密の歌だとか言って大声で。しつこいから嫌が応にも覚えた」


フェナは歌詞を全部忘れていたようです。彼女はハッと何かに気付き、雪丸から全部の歌詞を聞き出します。


フェナと雪丸は、この歌詞がエデンの道筋を示していることを知ります。ちなみにこの歌の名前は「ヴァイスヴァーサ(ラテン語で”逆もまた然り”)」


この歌の暗号を読み解き、「西経14° 北緯63°」の位置にエデンがあると確信します。


そしてフェナは「私がエデンを探しているのではなく、エデンが私に探させている。そして正しい選択をしたときは誰かがそれを教えてくれている」


その誰かとは、おそらくコーディのことかな?今までコーディが意味深な発言をぼやいているので。彼が何者なのか気になりますね。


コーディ視点に切り替わり、先程立てた砂時計から砂が落ちている様子をみながら「すべて整った。後は選ぶだけだよ」と言い残し扉を締める。


フェナ一向はエデンについての情報を共有する。槐が「ヴァイスヴァーサ」のことを”ヴァージン婆さん”と誤訳。これからエデンに向けて出発するところで9話終了。

終わりに

今回は、『海賊王女』の9話のあらすじやネタバレについて調べてみました。


9話で分かったことは、

・アベルとヘレナはお互い愛していた
・エデンの場所を特定した
・コーディがエデンに向かうフェナのサポートをしてる?

ようやくエデンに辿り着くようです!アベルは常にフェナたちの動向を見張っているので、エデンの場所を知らなくても尾行すればいいですね…。


ヘレナが復活するのか楽しみです!アベルやフェナとの感動の再会になればいいですが…。


以上、まっちでした!

タイトルとURLをコピーしました