石川恋の実家や?現在の活動や東京五輪の聖火ランナーも?

エンタメ

2021年4月23日に自身のInstagramを更新し、同日発売された「CanCam」(6月号)の水着特集で着用した水着姿を公開し、ファンから反響を呼んでいました!


石川恋さんは、モデル・女優として活躍しています。


でも現在はあまり石川恋さんを見かけることは少なくなった気がしないでもないです(笑)


なので石川恋さんの現在の活動状況をメインに実家の情報や聖火ランナーを務めたことについて紹介します!

記事の要約

・石川恋のプロフィール
・石川恋の経歴は?
・石川恋の実家の場所は?
・石川恋の現在の活動内容は?
・石川恋は栃木の聖火ランナーだった?

石川恋のプロフィール

名前石川 恋(いしかわ れん)
職業・女優
・ファッションモデル
・クラビアモデル
・タレント
生年月日1993年7月18日生まれ
27歳(2021年4月時点)
身長165cm
スリーサイズ83 – 56 – 83
出身地栃木県栃木市
学歴小学校:???
中学校:國學院大學栃木中学校
   (偏差値:41-43)
高校:國學院大學栃木高校
   (偏差値:46-68)
大学:武蔵野大学
   グローバル・コミュニケーション学部
   異文化コミュニケーション専攻
   (偏差値:50)
所属テンカラット
ツイッター

インスタ

Ameba
@official_renren

ren_ishikawa

Ren Ishikawa official blog

好きな男性のタイプは、「私と同じで、地方出身で身長165cmの双子が好き。」と語っていました。


すごく限定的ですね…。すでに彼氏がいるってくらい細かいです(笑)


2015年のインタビューでは「きゃしゃだけど、男らしさを感じる人。ギャップにひかれます。たとえば、脇のにおいが臭いとか。匂いフェチなのかも」とも話していました!


すごく具体的なので正直な性格な感じが伝わってきますね。

石川恋の経歴は?

「國學院大學栃木中学校・高等学校」時代は校則が厳しくずっと黒髪でした。


ですかギャルメークに関心を持ち、卒業式の次の日に美容院で金髪にしました。


高校時代は応援部(チアリーディング)に所属、副部長を務めた。


母校愛が強く、今でもたびたび野球応援に駆けつけそうです!


大学進学を機に栃木から上京。


19歳の時に渋谷でモデル事務所にスカウトされ芸能界入り。しかし、まったく仕事がなく居酒屋のホールでアルバイトを3年間していた。


事務所から“これが本当に最後のチャンス”と言われ受けた仕事が、著書『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(通称「ビリギャル」)の表紙モデルでした。


その金髪ギャル姿を披露したことがきっかけでブレイク。


2015年4月22日には、初のイメージDVD『初恋』を発売した。


2016年2月20日、出身地である栃木市のふるさと大使に任命される(任期2年間)。


2017年7月、『CanCam』の専属モデルになる。


7月29日には「第25回 東京ガールズコレクション 2017 AUTUMN/WINTER」に出演。


「第3回 カバーガール大賞」グラビア部門賞(2017年)


今でこそ有名人ですが、下積み時代は苦労の連続だったようですね。


最後まで諦めなかったことが現在に繋がっていることが分かります!

石川恋の実家のどこ?

石川恋さんの実家の場所について調べてみましたが、「栃木県栃木市」までしか情報はありませんでした。


石川恋さんは中学受験をして、中高一貫の私立校の「國學院大学栃木中学校」に通います。


この学校の所在地は「栃木県栃木市平井町608番地」。


親としては、将来子供が通学可能な距離を考えて自宅を構えたいと思うでしょうから、実家はこの近辺だと思います。

石川恋の現在の活動は?

石川恋さんの現在の芸能活動について調べてみました!


2021年4月現在で、直近の活動でいえばドラマ「やっぱりおしい刑事」に出演しています。

テレビ朝日「警視庁・捜査一課長5」にも出演しています。

刑事ドラマをメインに活動しているようですね。


また「石川恋は消えた?」とのワードも見受けられましたが、


現在は、BS放送や栃木での活動も行っているので仕事の忙しさは変わっていない様子。


地元が大好きってことで、出身である栃木県のPR活動もしていました!

石川恋は聖火ランナー?

2021年3月28日、栃木市で開催された東京オリンピックの聖火ランナーとして参加し、蔵の街遊覧船に乗って聖火を運びました!


こちらの2019年にインスタで、聖火ランナーに選ばれた時の投稿です。


こちらは2021年3月28日に、栃木県にある「巴波川の遊覧船」に乗って聖火を運ぶ様子。

聖火ランナーに選ばれるほど地元では知名度が高い存在のようですね!


東京オリンピックに携わるほど、どん底から這い上がってきたガッツを感じます!

終わりに

今回は、石川恋さんについて調べてみました。


石川恋さんは地元愛が強い方ですね!


それだけ地元の家族や友人の支えが大きかったようです。


聖火ランナーを終えた石川恋さんが今後どのような活動をしていくか楽しみです!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました