白蛇:縁起(日本語吹き替え)のあらすじ・ネタバレは?前売り券や特典も!

エンタメ

2021年7月31日(金)に、フル3DCGアニメ映画『白蛇:縁起』が全国公開されます。


中国では2019年1月に公開されていて、この度吹き替えになって日本に上陸します!


なのでストーリーの結末は判明しています!


ネタバレも紹介しますので、知りたくない「あらすじ」の見出しまでで離脱してください…。


今回は、『白蛇:縁起』について調べてみました!

「白蛇:縁起」のあらすじは?


『白蛇:縁起』のあらすじについて調べてみました!

『白蛇:縁起』は中国の四大民間説話の一つ『白蛇伝』の前世の話。

晩唐の時代、国師が民間人に蛇を大量に捕獲させていた。
白蛇の妖怪「白」(見た目は人間の美少女)が国師を刺殺しようとしたが失敗。少女は逃亡の末、記憶をなくしてしまったが捕蛇村の少年「宣」に救われる。

「白」の記憶を取り戻すため二人は冒険の旅に出る。
その旅の中で二人は恋に落ちるが、少女が白蛇の妖怪ということも明らかになってしまう。
一方、国師と蛇族との間に激しい戦いが始まろうとしていた。
二人の恋に大きな試練が待ち受ける。

引用:PR TIMES


YouTubeにて予告動画が公開されていました!


中国に『白蛇伝』という伝説があり、それが元になっている映画です。


『白蛇伝』の内容は、「白蛇の妖怪が白衣の美しい女性に化けて、淫慾を満たしその心肝を食うために若い男性を攫う」というのが物語の大きな枠組みでした。


それが時代の変化に伴い、いろいろな挿話が付加・削除されます。


最終的に人類の男性と白蛇の化身である女性との”恋愛物語”になったそうです。

「白蛇:縁起」のネタバレは?(※ネタバレ注意)


※物語の結末を紹介しますので、ネタバレが嫌な人は読み飛ばしてください!




主人公・「宣」が自ら妖怪になり、ヒロインであり白蛇の妖怪「白」の方に寄せる結末を迎えます。


また続編がありそうな終わり方とのこと。


ちなみに元なっている『白蛇伝』の結末では、恋愛要素はなく「主人公が白蛇の妖怪を退治する」というストーリーです。


時代劇とロマンチックさが合わさると、とても見たくなっちゃいますよね(笑)

「白蛇:縁起」前売り券や特典は?

「白蛇:縁起」の前売り券の値段は、1,500円(税込)です。


上映劇場では、7月2日(金)から販売されています。


前売り券を買うと、「特典オリジナルクリアファイル」がもらえます!



また入場特典もあるそうですが、まだ情報公開されていませんでした。


今後の続報を待ちましょう!

終わりに

今回は、「白蛇:縁起」について調べてみました。


声優には『Snow Man』の佐久間大介さんや、「ラブライブの園田海未」を担当している三森すずこさんなど、豪華声優陣で構成されています!


さすが中国で大ヒットしたアニメ映画ですね。


公開が待ち遠しいです!


以上、まっちでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました