中華BL『鎮魂』wiki解説!あらすじや原作・ネタバレは?日本語小説も!

中華BL

今回は、中華BL『鎮魂』のあらすじや原作、小説版やドラマ版のネタバレについて解説していきます!


本作は、数万年前から現代へ時を超えて宇宙人たちがバトルを繰り広げる壮大なストーリーです。SFとか特撮系の作品とも取れそうな感じですね。


そんな中国本土で大人気の本作が、最近日本に上陸して話題になっています!なので日本語版小説の情報やドラマの日本語字幕についても調べてみました。

[ad]

『鎮魂』のあらすじは?

数万年前、異星人たちはある惑星「海星」に辿りついた。そして海星には三つの人類が存在するようになる。動物や植物に自由に変容する亜獣族人、地底に定住した地星人、先住者の海星人。それぞれがそれぞれの場所に定着し棲み分けていた。しかしある日、惑星に巨大隕石が落下。食糧を求め、地底に暮らす地星人は海星人の土地を侵略しはじめ、争奪戦を繰り広げる事態に。海星人は地星人に対抗するため、隕石のエネルギーから4つの神器を作り出し地星人との戦いに終止符を打つ。

それから一万年後―。現在も亜獣族人、海星人は平和に暮らしていたが、過去に結んだ平和協定を無視するかのような怪物が現れた。怪物の起こした事件は、人々の目には猟奇的な事件に映る。

ある日、生物工学科の教授シェン・ウェイ(沈巍)の務める龍城(ロンチョン)大学で女子学生の死体が見つかる。捜査にやってきたのは特殊事件を扱う特別調査所の所長チャオ・ユンラン(趙雲瀾)。二人は初対面なのに、なぜかそんな気がしない。次々と不審な事件が発生する中、ユンランが犯行現場を突き止めるとそこには常にシェン教授の姿があって…。シェン教授の正体に疑問を持つユンラン。事件の真相に迫るにつれ、二人の秘められた関係が明らかになっていく。

引用:『鎮魂』公式HP

怪物が起こした事件の裏には陰謀が隠れおり、沈巍(シェン・ウェイ)と趙雲瀾(チャオ・ユンラン)は平和のために命を賭けて戦う物語。


本作は、1万年の時を超えて2人の友情をつなぐブロマンス(男性同士の近しい関係)作品です。


なのでこのドラマにはBL要素はありません…。


中国語版のドラマならYouTubeでほぼ全て無料で見れます!日 本語字幕の動画はあるようですが違法アップロードだと思われます。


なので日本語字幕を観たい場合、配信では『U-NEXT』で観ることができます。

『U-NEXT』では登録後31日間無料なので、全話観て解約すれば無料にできますよ!

[ad]

『鎮魂』の原作は?

『鎮魂』の原作は、作者Priestの”耽美”小説です。


耽美(たんび)とは、美を最高の価値として、ひたすらその世界に心を傾け陶酔すること。小説だと本格BLなのです!


趙雲瀾は転生して大昔の記憶を忘れていますが、沈巍は彼のことをずっと覚えています。そうとも知らず、趙雲瀾は冒頭の事件で偶然知り合った沈巍に何かと理由をつけて会いに行ったり、食事に誘ったりと猛アタックします!


しかし振られちゃうんですよね…。けど沈巍はずっと彼のことを心配していて、趙雲瀾が窮地に陥ったり道端で持病が発作したときに必ず現れるのです!


本当は趙雲瀾のことが大好きなのに認めようとしない(*´ω`*)なんでやねん。


ちなみにPriest(プリースト)さんは、大人気作家でこれまで様々なヒット作を書いています。

・天涯客(2010年)
・镇魂(2012年)
・大哥(2013年)
・六爻(2014年)
・山河表里(2014年)
・杀破狼(2015年)
・有匪(2015年)
・默读(2016年)
・残次品(2017年)
・烈火浇愁(2018年)

『天涯客』はドラマ化しており、2021年現在タイトルを『山河令』に変えてWOWOWで放送しています!

[ad]

『鎮魂』の日本語小説は販売されてる?

『鎮魂』の日本語小説は、配信でのみ販売されています!


配信では以下サービスで購入できます。

・アマゾン Kindle
・楽天 Kobo
・Apple Books
・honto
・BookLive!
・アニメイトブックストア
・コミックシーモア
・BOOKWALKER
・Renta!
・U-NEXT
・DMM.com
・COCORO BOOKS
・boocross
・ebookjapan
・Kinoppy
・Neowing
・yodobashi.com
・スマートブックストア
・セブンネットショッピング
・どこでも読書
・ひかりTVブック
・やまだ書店
・漫画全巻ドットコム
・Google Play Books


1〜3話は無料で読めますよ!


「Amazon kindle」のみ、第4話~第11話を”まとめ版”として販売しています。

鎮魂 Guardian [分冊版2] 鎮魂 Guardian [分冊版] (Pleiades Press)

2022年1月16日現在、日本語小説版は『分冊版20-27』まで発売されています。そして2月23日に『分冊版28-35』巻が発売されます。


まだ日本語小説版は完結はしていないので、今から読み始めても全然遅くないです!


中華BLに関心がなくても『分冊版1〜3』は無料で、しかも10分くらいで読み終えられます。そこで読み進めるか判断してもいいですね。


私と郭長城(グオ・チャンチョン)には、”今まで努力してこなった”という共通点があり、共感できたので沼に浸かっています(*´ω`*)

[ad]

小説版『鎮魂』のネタバレは?

※原作小説のネタバレをしますので、要注意でお願いします。


ファンの方がネタバレを書いていました!

 崑崙も大慶も太古の記憶はなくしているのですが、ただ一人沈巍はずっと斬魂使としてこの世界の秩序を保つ役割を果たしながら崑崙の転生を待ち続けてきた。沈巍の孤独と崑崙への思いはこうやって数千年にわたって醸されてきたのですね。…

  地上にいた郭長城こそが実は鎮魂灯の灯心の化身で、彼自身が知らないうちに鎮魂灯に火をともし、すべての戦いを終わらしています…

この原作、ハッピーエンドなんですね。  
犠牲になったと思われた沈巍が趙雲瀾の元に下りてくる・・・という場面で本編終了。

引用:はてなブログ

死んだと思われた人物が実は生きてた!っていうのは昇天するくらいホッしますよね。


そしてハッピーエンドで終わるそうなので、安心して読むすすめることができますね!ファンの方ありがとうございますm(_ _)m

[ad]

終わりに

今回は、『鎮魂』のドラマ版や小説版について調べてみました。


今後『魔道祖師』や『天官賜福』のようにアニメ化したら嬉しいですね!


これだけヒットしてるので、それらのヒット作品の影響でもっと『鎮魂』が盛り上がっていきそうです。なので今後に期待ですね!


情報が分かり次第追記しておきます。


以上、まっちでした!

タイトルとURLをコピーしました